credit cards

ニコチン入りUKリキッド・電子タバコのスマートベイプ

電子タバコの歴史と概要

電子タバコ (Electronic_cigarette,e-cigarette,e-cig) は英語では、俗語でVape(ヴェイプまたはベイプ)と呼ばれており、電子タバコの機器を使用して蒸気を吸い込んだり吐き出したりする事をさします。

電子タバコを最初に作ったのは、1965年アメリカのハーバート・A.ギルバートですが、その頃は普及するには至らなかったようです。

当時は紙タバコによる健康被害の研究が進んでおらず、また紙タバコと肺がんの因果関係も解明されておらず、むしろ紙タバコはステータスのシンボルとして認知されていました。更に多くの国家ではタバコによる高い税収を期待できたため、税収減につながりかねない電子タバコはあまり歓迎されなかったことが背景にありました。

現在普及している電子たばこのモデルは2003年に中国人漢方医の韓力(Hon Lik、ホン・リク) により初めて実用化されましたが、当時の中国では全く売れませんでした。しかし2000年代に入り、世界で紙タバコの有害性が認められ、欧州でのタバコ規制(値段の高騰・公共の場での禁煙など)が強化されはじめたことから、2005年に欧州に向けての輸出を開始しました。

2007年から2008年にかけて電子タバコ市場の拡大に伴い多くの企業が参入し、現在は欧米を中心に急成長しており、英国はEU加盟国では最大の市場規模を有しています。